KOフォト

JBL2全般 応援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二部制・多チームである事の理由

一部の有力チームの下部組織やスカウトが有力選手(抜けた存在)をひっぱり上げ
二部のチームはその網が拾い切れないまだ無名の選手を拾い上げる
Jリーグのような自由競争になれば、必ず資金力などにより上位と下位が決まって来てしまう
アメリカ型の全体を押し上げて作るプロスポーツは、そこにあまりあるほどのお金を持つ大富豪(パトロン)が沸いて出てくるような社会が必要 (今まで日本ではそのパトロンの部分を会社が企業スポーツという形で担って来た)
そして、会社経営などで成功した人たちに、プロスポーツクラブという社会性のあるモノによる成功での尊敬や、ステータスを与えられるだけのモノを、リーグがブランドとして作り上げていく姿勢が必要になってくる(社会人スポーツとして一時期の発展もあったが、現在は崩壊状態、景気に左右されやすく、会社にとっても社員向けということ以上のステータスを作り上げにくい環境であった)
基本的にアメリカ型クラブはアメリカでしか成功しないのではないか?と思うようになってきた
そうすると、Jのように欧州型のクラブを目指す道は、そこに地域文化としての面もあるので時間はかかるが、正解になり得る方向だったのではないか?
だとするとJの自由競争による新人獲得もまた目指す方向が、強いところはアジアを目指し、弱いところはまた違う目標の中でクラブ運営を行っていくという、野球とは違うプロスポーツの在り方の提示になる
ドラフトが全てではない
しかし、現在のように小数のクラブしかなく
無名選手を拾い上げるシステムがまったくない状態では
あっと驚くような選手が出る事は余りない
現在の日本リーグも、これからやろうとしているプロリーグの下部組織としての役割を担う事は出来ていない(そこが各会社にお任せになってしまう、社会人スポーツの弊害)
その年の新人を広く集めるには、今のJくらいのチーム数がある事は、無理な拡大路線というよりは必要な事
になってくるのではないだろうか?
そして、バスケが選手寿命の短いスポーツであることを考えれば、高校・大学の意識改革もまた必要な事になってくる
対外国人としての「完成品」をプロに送り出すくらいの気持ちでやっていく事が、プロ選手の底上げにもなっていく
スポンサーサイト
  1. 2006/12/22(金) 07:12:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年うちに、今年の厄払。 | ホーム | 来年は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodero.blog13.fc2.com/tb.php/739-e1f91544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

KO

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

フリーエリア

†バスケSiteRANK† FC2 Blog Ranking にほんブログ村 その他スポーツブログへ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。