KOフォト

JBL2全般 応援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカーサミット

前に書いた本です
非効率的な日本の育成環境
ゲームファーストの考え方
要するに栃木のDライズ
補欠を無くす登録制度
トレーニング費用
地元町クラブとの提携と自前ユースチーム
日本のサッカー文化はどこまで浸透したのか
ガイナーレ鳥取の話し
ゼルビア町田の話し
アメリカ型プロスポーツチームをボコボコ作っていく現在のやり方には無理がありすぎるように思う
協会との断絶
下部組織のなさからくるトップリーグにはまだ足りない選手の出場・受け皿
大学・高校も含めた育成年代との提携(神奈川とかは関東大学との提携みたいな形を作っていけるかもしれないけど…)
大学側も利害を一部置いといての提携まで踏み出してくれれば可能性はあるかもしれないけど
一時期言われていたような三菱=日体みたいになりすぎても弊害は多い


いきなりトップの運営をせよ!と言われてもやっぱり厳しいと思う
段階を経て地域に根を張った上でのトップクラブ
昨日ヴェルディが練習場を大学に求めてるってのもあったし
抱えるプレイヤーを減らして質の高い練習する為にも
大学と提携出来ればね(協会に気兼ねなく…)

リーグカップにしても
ジュニアを育成する為なのか
地域貢献を形としたいだけなのか
そこに負担をかけるなら
各チームが独自に身の丈でやればいいし
それでやれない所が出てきても
それ以外の形で地域に根差していけばいい
それはリーグからトップダウンする事じゃなく
地域性を鑑みてそれぞれがやっていくべき
その中で秋田は対象が高校になる能代カップと提携してったっていいわけだし
うちは監督の関係で今まで通りのフェニックスカップを成長させてけばいいわけだし

論考 日本の応援文化
リバプール大学 ローガン・テイラー教授
フットボールファンはただ単なる見世物を見に来る観客とは解釈出来ない。
また、何かを購入して楽しんでいるだけでもない
彼らは地域で生じた宗派の教会にグループで通う信徒のようなものである
Jリーグが出来てサポーターが一般に認められて
野球も含めた「スポーツクラブファン」
というものが求めるモノは
正にそこにあると思う
ただの傍観者ではなく
当事者
ただの言葉としてのブースターではない
真の意味で自分たちはブースターであるという人は
3000人入ったJBL最終年より
今の方が形になり存在もはっきりしてる
あとは活かし方
サポーターの特性

観戦者調査からのファンの情報入手経路
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/12/01(水) 18:30:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JBL2 アイシンAWとフェニックス練習 | ホーム | クライマックス(プレイオフ導入)…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodero.blog13.fc2.com/tb.php/1712-d64a87cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

KO

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

フリーエリア

†バスケSiteRANK† FC2 Blog Ranking にほんブログ村 その他スポーツブログへ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。