KOフォト

JBL2全般 応援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バスケがしたい!

大学を卒業してからも
大好きなバスケを
したい!
その為には、
ただバスケをやるだけでなく
今は、市場拡大という任務も
選手たち!チームには課せられている。


ユーチューブに載せてる動画で
一番見られているのは・・・
勝又君でした。

2008-05-07現在
47000あまりと
川村君のダンクなどを20000アクセスほどリード!
何故だ?


レギュラーシーズン以上に
一般の目が向く
プレイオフ!
ファイナル!
のゲームであるから・・・
面白いモノであって欲しかった。
大阪・東京の戦力を比較した時
連覇を支えてきた外国籍選手がいて
日本人選手もJBL時代、
相当やられた仲村直人選手がいる。

勝ちに行けば
押える事(ディフェンス)を主題にして戦う事になった
しかし
普段見ない人が見る可能性の高い
ファイナルという舞台で
バスケって面白いでしょ?
という形を見せる場として
これでよかったのか?
そうは言っても
打ち合いを挑んで
大差が開いてしまっては
元も子もないんだけど・・・

結果接戦になったから
どおせ接戦なら
外国籍選手の派手な速い
バスケが見てみたかった
見せたかったなあ
という感想。

なのではないでしょうか?


一般の意識
受け皿としての意味
ファンの力
運営側の努力
など
先はbjでしょ?
と思えるんだけど・・・
選手。
特に出場機会がある選手たちにとって
まだ、そこまでbj
というものの魅力って伝わってない。
それは、
bjを馬鹿にしているとかというよりも
脱退当時の
レベルが低い
好き勝手にプレイしているという
認識が
変わっていないという事
一年目と今年の試合を見ていれば
変わった事はわかる
それでも、受け皿というレベルで
JBLありきで、そこにいけなかった選手の行く場所
という考え方が主流なんだと思う。
そこは
協会のbj無し政策が有効に働いてるのかな・・・
(大学生への接触という意味と、大卒でいきなり観客動員を見込めるほどには大学も外に向けて盛り上がってないから、年俸やスポンサーという部分でいい答えをだせないのでしょうね。)

年俸の面でもやっぱり違いはあるんだけど・・・
だからこそ!
見てもらう場で
面白いバスケが重要になってくる
そこからファンを増やして
スポンサーを増やして
テレビ中継を増やして
サラリーキャップを拡大しても
クラブが存続していける地力を
リーグ全体で付けていけば
結果は見えつつあるし
協会も変わる事が決まった訳だし
いい方向に向かっていくでしょう!

監督のファイナル解説や
日ごろからのbjはファンがいっぱいで楽しいんだよ!
と語る言葉がbjの持つ力の意味だと思います。


プレイオフの各地での開催は
全チーム(に近いくらい)が
メインの会場の施設管理者にならないと
現状の体育館のスケジュールの作り方の中では
ファイナルまでの10試合分くらいを
押えることは出来ないでしょう。

三連覇したし
そろそろ、大阪などの西日本でやってもいい時期ではありますね。

リーグ立ち上げの過渡期に
まずこのリーグはこういう方針でやっていきます!
という事を示すためにやってるんであって
自由競争で各県にチームとかまで拡大していけやしないだろうし
そこは、将来的なサラリーキャップを使った
戦力均衡のための再配分など
どおしても出てきてしまう
地域格差の是正のためにも
今は、あまり機能していなくても
将来のために必要なものだと思う。

JBLのプロ化の方向性は
レラの結果次第だと思う
スポンサーサイト
  1. 2008/05/07(水) 16:17:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神々の遊び・・・ | ホーム | アルビ、クソ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodero.blog13.fc2.com/tb.php/1277-6d2aefc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

KO

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

フリーエリア

†バスケSiteRANK† FC2 Blog Ranking にほんブログ村 その他スポーツブログへ

FC2カウンター


無料カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。